【顔にニードルってどうなの?】マイクロニードルパッチに副作用はある?

 

マイクロニードルパッチは、肌の内側に直接美容成分を届けてくれるため、即効性や効果が高いと言われています。

 

しかしながら、効果が大きければ大きいほど気になってくるのが副作用等の危険性です。

 

ここでは、そんなマイクロニードルパッチの危険性について考えてみようと思います。

 

 

マイクロニードルパッチのニードルは危ない?

 

マイクロニードルパッチは、ヒアルロン酸等で形成された極々微細なニ−ドルを肌に直接刺し込みます。

 

どれだけ小さくても直接ニードルを刺すのはどうなの?と不安に思う方もいるかもしれませんが、マイクロニードルに関してはそのような心配は不要です。

 

そもそもマイクロニードルは、口以外から薬を投与するために開発された医療技術であり、現に子供や糖尿病患者の投薬に使用されています。

 

実際の医療現場で使用されているため、臨床試験にて副作用等の危険性は無いと実証済みということであり、安全性は保証されていると考えられます。

 

ただ、目の近くに貼る場合には、目に触れないように注意してください。ニードル部分を目元ギリギリに狙わなくても、角質層で溶けたあと広がってくれます。

 

詳しくは下リンクの下部に記載があります。

 

 

 

マイクロニードルパッチの成分から副作用について考える

 

マイクロニードルパッチのニードル部分を形成している主な成分はヒアルロン酸です。ヒアルロン酸自体はまったくありふれた成分ですので、副作用の心配は一切ありません。

 

では、ヒアルロン酸以外の成分はどうでしょうか。

 

プラセンタエキス、パルミチン酸レチノール、アデノシン、エクトイン、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)、EGF(プラセンタの親戚みたいなものです)

 

等の成分が配合されている場合もありますが、これらも全て副作用とは無縁のものです。

 

レチノールが妊娠中にはよくないかもと思われるかもしれませんが、それは多量に摂取し過ぎた場合であり、美容製品に含まれる程度の量では全く問題ありません

 

美容製品は特に安全性を重視しており、悪影響を及ぼすようなものは入っていません。何か問題が起こってしまっては信用問題に直結しますからね。

 

ただ、どんな製品にも言えることですが、どの成分がどんな反応をするのかは人によって千差万別です。何か不具合や困ったことが出た場合は、販売元や医師に相談してください。

 

ニードルパッチおすすめランキングで紹介しているヒアロディープパッチは、相談窓口を用意してくれているので特に安心です。

 

 

マイクロニードルパッチって痛いの?

 

副作用とは少し違いますが、マイクロニードルパッチにおいて気になる問題の一つが、「痛いのかどうか」です。

 

マイクロニードルパッチの口コミを見てもらえばわかるかと思いますが、貼れないほど痛いといった口コミは一切ありません

 

若干チクチクするといった口コミは多々ありますが、これはニードルがしっかり肌に密着している証拠で、効果がバッチリ得られる状態です。

 

このチクチクも時間経過でなくなるため、ちょっと気になるかもしれませんが辛抱しましょう。

 

関連記事

 

 

トップへ戻る